コンテンツ



バカンスをもっと充実させる方法
バカンスって聞くとヨーロッパ、特にフランスを想像する人は多いと思います。
そもそも、このバカンスという言葉はフランスのヴァカンスが語源らしいですよ?
そのフランスでは、7月から8月の間に長期休暇を取って旅行などへ出掛ける人が多いそうです。もともとはこのバカンスも、19世紀ごろにブルジュアと呼ばれて富裕層が、長期間休暇を取っていたことを呼んだ言葉だったそうです。
近代では、夏の長期休暇を示す言葉として使われることが多くなっています。

日本人から見ると、バカンス=夏休みと思っていいかもしれません。
しかし、日本の場合だと夏休みは学生のモノであって、社会人には縁のないモノの印象があります。
長期休暇を取る事が難しい日本の社会事情ですが、それでも夏に有給休暇を利用したりして、海外へバカンスを楽しみに行く人も大勢います。

夏休みと聞くと、海を想像する人が多いですが、どこに行ってもバカンスとして楽しむことが出来ます。
本場であるフランスは、北部と地中海に面した南部で気温の差があるので、バカンスのシーズンは南部の暖かい地中海の海へ行く人がたくさんいるために、その影響で海を選ぶ人が日本人にも多いのかもしれません。

しかし、夏の暑い時期に態々暑い場所へ行く必要もなく、例えば北欧など気温が低い場所はあります。
北欧の自然を満喫できるバカンスを計画するのもいいかもしれませんね。

このサイトでは、バカンスの様々な楽しみ方についてさらに詳しく紹介をおこなっていきます。




Copyright (C) 2013 バカンスの情報サイト Vacances7com All Rights Reserved.